What's Capoeira

カポエイラの歴史

カポエイラは、格闘技、アクロバット、ダンスのような動きを伝統的なブラジルの楽器が奏でる音に合わせて行うブラジル独特の芸術の形式です。

歴史研究者は、カポエイラはブラジルで発展し、明らかにアフリカからの影響を示しているという点においては合意していますが、カポエイラの歴史の詳細については、カポエイラのコミュニティ内においても未だに論争が繰り広げられています。「カポエイラ」という言葉の定義でさえも明らかではありません。

最も広く受け入れられている説明は、16世紀から19世紀にかけて、奴隷貿易によってアフリカからブラジルに連れてこられた奴隷によって作られたものだということです。

自衛の方法を表立って練習することを禁じられていたため、ブラジルのプランテーションに住む奴隷は、ダンスやアクロバット、儀式や音楽の要素を取り入れることで、彼らのトレーニングを、それら~ダンスやアクロバット、儀式や音楽~の練習に見せかけて行いました。

その結果、流れるような低い姿勢の動き、格闘的な連続技、そして難しいアクロバットからなる「ゲーム」としての動きが、エネルギーあふれる歌と観ている人の手拍子に合わせて行われるようになりました。

格闘技の練習だけが奴隷に禁じられていたことではありません。

伝統的なダンス、歌、そして奴隷たちに一体感を生むようなその他の活動も違法とされていました。このような背景こそが、カポエイラが、常に変化し続け、定義することも禁止することもできない芸術の形に発展した理由だと考える歴史家もいます。

© 2017 by Capoeira Zoador.  Proudly created with Wix.com