Mestre Sucuri Tokyo,Japan

メストレ・スクリ(アルトロ・ウレニャ・ハメリッツ)は17才でカポエイラに出会い一目惚れしました。

それ以来、彼は人生をカポエイラの発達とアフロ・ブラジルの文化を広げる事に捧げてきました。

1999年、プロのパフォーマーアーティストとして更なる成長を目指し、来日。

東京を拠点とした活動をスタートさせます。

以後、日本を中心にアジアのまわりで何百ものショーと文化交流を行ってきました。

 

毎年、メストレ・スクリはヨーロッパ、米国、アジア中でカポエイラと他の

アフロ・ブラジルの芸術について彼が持つ多くの知識を共有しています。

カポエイラのメストレ(大先生)として、絶えず成長しなければならないと考えて、

2012年に「日本のアフロ・ブラジル大衆文化の国際化」をテーマに国際関係学の文学修士で早稲田

大学院を卒業しました。2014年には最初の本「The Path of Capoeira: Teaching, Philosophy

and Lessons Learned」を出版。

Capoeira Zoadorの2枚のCD「Depoimento」と「Quando a Chuva Cai」

でオリジナルのカポエイラ音楽を製作しています。

 

強い情熱と決心をもって、メストレ・スクリは2003年にCapoeira Zoador Academyを設立。東京最初の国際カポエイラスクールを目指して今まで進んできました。Capoeira Zoador Academyに入る各々の新しい生徒と、カポエイラに対するパッション、愛情は増大するばかりです。

Capoeira English Tokyo Japan